NPO法人 まちなびや

自治体の林業行政による環境学習支援

いくつかの自治体では、森林環境教育に力を入れている。小さくて林業中心の町では、まちぐるみの取り組みになっている。
岩手県気仙郡住田町
“環境と経済が好循環する町づくり”を掲げ、環境面においては、木質バイオマス等の自然エネルギーの推進、子供から大人までが森林と人間との関わりを学ぶ森林環境教育の推進に向けた取り組み。幼児から一般まで各年代に応じた「森林環境学習」を継続して取り組んでいるのが住田町の森林環境学習の特徴。
経済面においては、川上(林家)から川下(木材の消費地)までの流れを計画的に整備し川下の利益が川上に還元されるシステム作りへの取り組み。窓口は住田町役場林政課。

北海道上川郡下川町
NPO法人 森の生活(代表理事 麻生翼さん)と協働。しもかわ町森林環境教育のページ有り。

◎豊田市
とよた森林学校出前講座」対象は、住居等が矢作川流域にある学校・グループ又は企業とする。
内容
1. 森の自然観察森林や森林動植物の観察 2. 間伐(間引き)体験スギ・ヒノキの間伐 3. 森のはたらき森林に関する講義等 4. 森の健康診断
窓口:豊田市役所 産業部 森林課

いずれも、学校への出張授業を実施している。
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-09 23:50 | 参考情報 | Comments(0)

NPO法人まちなびやの活動を紹介しています。
by まちなびや
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな