NPO法人 まちなびや

森林環境税を使った学校出前授業

森林環境税は平成15年度に高知県、16年度に岡山県で始まったのを皮切りに、現在は35県以上で実施されるようになっている、各県独自の環境税。。税額は県民一人当たり400円~1200円。静岡県は平成18年度から始まり、一人当たりの負担額は400円/年と、全国平均より低額。(資料:「平成25年度森林及び林業の動向」より)

 税金の使途として、間伐促進などのハード事業と、森林環境教育などのソフト事業があり、県ごとに重点の置きどころに違いがある。
 この財源によって学校への森林環境教育出前授業を実施している自治体がある。たとえば石川県(森林環境税)福岡県「森林環境教育の講師派遣」、高知県山の一日先生」、三重県(みえ森と緑の県民税)。他にも大分、岡山、富山など。山形県学校林を活用した環境教育支援を実施。

また、学校教師を対象にした森林環境教育研修は秋田・福島・奈良・福岡・鹿児島などで見られます。
d0180132_20121632.jpg

[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-09 23:47 | 参考情報 | Comments(0)

NPO法人まちなびやの活動を紹介しています。
by まちなびや
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな