NPO法人 まちなびや

カテゴリ:参考情報( 60 )

静岡市内の里地里山で活躍する民間グループ

◇丸子の里地里山を舞台に年間を通して、食農・自然体験企画やマルシェなどを展開する いたち村。耕作放棄されている農地を、非農家の素人(アマチュア農民)が、楽しみながら活用すれば、食糧自給や防災や教育など、いろいろな効果が期待できます。「自然宿(じねんじゅく)」など、とても系統的に考えられたプログラムを実施していて、素晴らしいです。
d0180132_15254038.jpg



麻機自然体験コミュニティ「Balance」 (代表・大村大輔さん)は、平成25年設立。麻機周辺の放置竹林の整備、カブトムシ・ホタル・ミツバチなどをシンボルに、子どもも楽しめる自然体験の機会を提供している。

◇藁科川上流の水見色地区では、水見色きらく市により、子ども向けに「きらく★キッズ」という里山体験プログラム。特定の施設内でやるのではなく、村全体を体験の場としているのが特徴的。

◇清水区の高部小学区では、NPO法人森と水辺を育てる会(代表者 大木 一範さん)が、竹林でのタケノコ掘りなどの体験の機会を提供。同じ地域で、高部小PTAのOB有志などのグループ、わんぱくたかべ倶楽部が「こども元氣農園」でお茶摘み体験などを提供。
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-25 15:22 | 参考情報 | Comments(0)

一校一農園推進事業(静岡県)

平成23年度から、耕作放棄地対策と合わせて、どの小・中学校等にも地域協議会・NPO等の民間団体が運営する農園で環境学習ができるように「一校一農園」を進める事業を開始。活動するNPO等に対して、耕作放棄地100平方メートルにつき2万円を補助(20万円が限度)するほか、県が運営ノウハウや情報発信などをサポートする制度。静岡市内では、麻機小学校、長田北小学校などで実施事例あり。静岡県経済産業部農林業局農山村共生課が窓口。
県内には小・中学校あわせておよそ800校ある。そのすべての学校で地元NPOや企業等と連携して学校農園が営まれるようになったら、素晴らしいと思う。単なる農園だけでなく、森林や池・中小河川なども学校とのペアリングができれば、「ふじのくに」から世界に誇れる環境教育システムになるでしょう。 
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-20 16:02 | 参考情報 | Comments(0)

「目の健康」「メガネ」に関する企業等による出張授業

「目」に関わる産業界から学校の子どもたちに素敵な出前授業を届けている事例を調べてみました。
◇株式会社 ジェイアイエヌ (本社・東京都千代田区、田中仁社長)は、1988年創業のメガネ屋。全国展開で静岡市内ではアスティ、セノパ、アピタの中にそれぞれお店がある。出張親子実験教室「親子で『光』マスターになろう!」を全国で開催。プリズムを使ったニュートンの分光実験、光が当たると色が変わる紙を使ったリッターの紫外線検出実験など、全国の小学校に出向く。回数こそ少ないが、授業レポートには子どもや先生の感想なども掲載されて、迫力がある。
d0180132_7365327.jpg


◇㈱ニデック(本社・蒲郡市、小澤素生社長)は医療分野、眼鏡機器分野、コーティング分野で事業展開。毎年夏に科学館で、子ども向けに、ピンホールカメラ作り、偏光フィルムのしおり作りなど、光をテーマとした工作体験型の科学教室を実施。また、地元小学校での講演や出前授業。「利き目」を調べる、遠視近視乱視での見え方、盲点をさがす、目の錯覚実験などの体験を通じて、目に関する理解を深めてもらっている。最近では昨年12月に田原市立田原中部小学校にて実施。
d0180132_7591716.jpg


◇㈱わかさ生活は、ブルーベリーサプリメントのトップメーカー。(本社・京都市、角谷 建耀知(かくたに けんいち)社長)
ひとみ元氣教室」を実施。幼稚園・小学校を対象に、ブルーベリーの植樹、果実調理実習のほか、目の健康をサポートする企業として様々な目の健康啓蒙活動を実施。タッチパネル・瞬間視ゲーム・まねっこ体操、しっぽ取りゲームなど、遊び感覚で楽しむ“ビジョントレーニング” 、目の不自由な人や盲導犬とのふれあいを通して、視覚障がい者への理解や、盲導犬の役割を学ぶ“視育”の授業。2007年以降これまでに、兵庫・京都・大阪などを中心に384回行っている。静岡県内での実績は確認できず。 
d0180132_815793.jpg


◇メガネの聖地・鯖江市の産業環境部商工政策課が運営するサイト「鯖江メガネファクトリー」では、地元のメガネデザイナーによる出張授業のレポートが見られました。
◇眼鏡フレームメーカー「シャルマン」のデザイナーさんが講師となり、鯖江中学校2年生に出前授業(2012年7月)。生徒たちは思い思いに『自分が掛けたいサングラス』のデザインに挑戦。
d0180132_8541968.jpg

◇「オプトデュオ」のメガネデザイナーが東陽中学校でメガネデザインの特別授業(2013年)。 授業の流れが写真付きでレポートされています。
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-11 02:01 | 参考情報 | Comments(0)

子どもの「目の健康」に対する取り組み

前項に引き続き、子どもたちの「目の健康」を守るため、学校・行政・企業でどんな取り組みが進んでいるのか?調べてみました。
◇福井県では、「目の健康プロジェクト」として、目の健康を守る運動(近視予防運動)に取り組んでいます。
県内の小中学校では、以下のことを行う。
1 「目の健康を守る3か条」を教室に掲示し、実践。
   (1).姿勢をよくしよう 
   (2).時々、目を休めよう 
   (3).規則正しい生活をしよう)
2 「目のリフレッシュタイム」として、目を休める時間を設定。
ほかに、近視予防に関する図画・ポスター・標語・作文コンクール を毎年開催。

平成24 年度は、児童・生徒および保護者に対して近視に関係する生活環境等のアンケート調査を実施し、親が近視の場合は子どもも近視である傾向があること、視力が良い子どもは体を動かす日数が多い傾向があることを明らかにした。また、3歳児健診時に保護者に対する生活環境の指導なども行っている。

福井県養護教諭研究会のHpでは、目の健康プロジェクトでの授業実践事例がいくつか報告されていました。福井県は、さすがにメガネ生産日本一だけあって、関心が高いですね。 
d0180132_8292146.jpg


◇「eye-project アイプロジェクト」は、目の大切さ、不思議、付き合い方を伝える為に各分野のプロフェッショナルが集い設立されたもの。眼鏡専門店チェーンの愛眼株式会社(本社・大阪市)がスポンサー、事務局になっている。メガネの知識は目の健康につながると考え、視力矯正に欠かせないメガネのハウツー(How-to)を多く取り上げている。静岡市内のアイガン店舗としては、清水区にイオン清水店。
d0180132_8393764.jpg


◇眼鏡レンズ・フレーム、その他眼鏡関連商品の卸販売業を行うセイコーオプティカルプロダクツ株式会社(本社・東京都中央区)は、「快適視生活応援団」というサイトを運営し、目の健康に資する情報を発信。
d0180132_1013024.jpg


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、使い捨てコンタクトレンズ アキュビューを販売しているが、コンタクトレンズによる目の傷害が懸念されていることから、全国の中学生、高校生に目の健康とコンタクトレンズの適正使用について出張授業を行うアイケア推進事業に協力。
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-11 01:01 | 参考情報 | Comments(0)

子どもの「目の健康」に関する課題

子どもたちの「目の健康」に関して、どんなことが問題になっているのか? 現状を調べてみました。
この分野で研究や啓発を主導する全国的な組織としては、公益社団法人日本眼科医会と公益財団法人日本学校保健会があります。
日本眼科医会では平成2年から、目に関する正しい知識の啓発と理解を深め、中途失明などを予防することを目的に、「目の健康講座」を立案計画し、各県の眼科医会が地域住民への啓発のため定期的に開催している。
講座の内容としては、就学時健康診断、定期健康診断、眼鏡・コンタクトレンズ、眼の外傷、プール後の洗眼 心因性視力障害、眼の疲れ、3D映像の影響、色覚バリアフリー などがテーマに。
静岡県眼科医会理事のさくら眼科(葵区沓谷)・松久充子先生も、西奈南小学校3~6年生児童対象に、目の健康講座(屈折異常を中心に) 、西奈中学校生徒対象に、目の健康講座(屈折異常、眼鏡、コンタクトレンズ、色覚異常)。

日本学校保健会では、学校保健ポータルサイトを運営し、養護教諭などに情報を提供している。
d0180132_6451713.jpg


ICT機器使用による健康面への影響等について、文部科学省が学校・教員に対して実施したアンケート調査(H24)によると、「ドライアイ」や「視力の低下」、「姿勢の悪化」に対する影響等を懸念していると回答した学校の割合が半数を超えている。
また、教室環境の調整として、以下のような対応が回答された。
・教室の照度測定をして、適切な照度を確保。
・ 利用当日の教室環境(天候、利用機器等)に応じて、ディスプレイの明るさ、電灯の点灯有無、カーテンの開閉を調整。
・ ディスプレイと黒板とのコントラストの差を小さくしたり、電子黒板への日差しの映り込みを防止するために、遮光カーテンを使用。
・ ICT利用時には、教室の窓側・廊下側の照度の差が問題となる(廊下側が暗い)ため、廊下側の蛍光灯を増やす。

◇文部科学省による平成26年度学校保健統計調査では、視力1.0未満の児童生徒が増加傾向にあることが明らかになった。
d0180132_7111471.jpg

こうした課題に対応して、文科省では平成26年に「児童生徒の健康に留意してICTを活用するガイドブック」を発行した(Web公開)。
d0180132_7214221.jpg

[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-11 00:01 | 参考情報 | Comments(0)

静岡県 未来への森づくりタウンミーティング

静岡県は平成18年から始まっている「森林(もり)づくり県民税」を財源として「森の力再生事業」を実施中。
9年目を終えてこれまでの事業の成果や荒廃森林の状況を県民に伝えるとともに、今後の森の力再生事業のあり方について広く意見を集めるため、平成27年4月22日~6月9日までに県内28箇所において「未来への森づくりタウンミーティング」を開催。 現在、タウンミーティングへの参加者を募集(各農林事務所受付)しています。
 私の最寄りの会場は東部生涯学習センター(葵区千代田)、5月21日(木)19:00~です。本会が今年実施している森林環境出前授業にも大いに関連があるので、私も参加しようと思います。申込先:中部農林事務所森林整備課054-286-9061 

[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-10 11:00 | 参考情報 | Comments(0)

学校の森・子どもサミット

今年8月3~5日に岡山県で第2回「学校の森・子どもサミット」が予定されています。この集会は、平成19 年度から開催されてきた「学校林・遊々の森」全国子どもサミットを発展させたもので、全国から集まった子どもたちが学校林や「遊々の森」等をはじめ、身近な森林を活用した体験活動や教育活動、森林づくりの夢について発表するとともに、先生方の間で、こうした活動を学校教育において広げていくための意見交換を行うもの。
d0180132_19204811.jpg

主催する実行委員会は、(公社)国土緑化推進機構、(公財)オイスカ、(公財)ニッセイ緑の財団、(認特)共存の森ネットワーク、林野庁、及び開催地域の自治体や関係機関等で構成されている。
現在、発表校を募集中でそろそろ締切(4月中)。事務局は認定NPO法人共存の森ネットワーク
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-10 10:56 | 参考情報 | Comments(0)

㈱リバネス/教育応援プロジェクト

d0180132_18254328.jpg

株式会社リバネス(本社・東京都新宿区、丸 幸弘社長)は、「科学技術の発展と地球貢献を実現する」という理念のもと、そこに集まる専門知識や技術・人などつなぎ、組み合わせることによって社会に新たな価値を創出する研究者集団。2012年より教育CSR大賞を主宰。学校の先生の投票により「学校で活用したい」、「次世代育成において企業に期待する活動である」と考えるプログラムを選出し、子どもの未来を応援する価値ある活動として表彰する制度。
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-10 10:45 | 参考情報 | Comments(0)

NPO新宿環境活動ネット/まちの先生見本市

NPO法人新宿環境活動ネット(代表崎田裕子さん)では、市民による学校向けの環境学習プログラムを紹介する「まちの先生見本市」を開催、今年1月に14回目を終えた。
d0180132_1991483.jpg

[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-10 10:26 | 参考情報 | Comments(0)

こども環境活動支援協会

d0180132_12532220.jpg

“環境学習都市”を掲げる兵庫県西宮市にある有名なNPO。
NPO法人パートナーシップ・サポートセンターによる、第4回パートナーシップ大賞(2006年)にて、グランプリ受賞 「企業ができるこども達への環境学習支援事業」。各企業の活動と消費者の役割を「循環」の仕組みの中で理解できるような環境学習プログラムを開発、実践。
 ちなみに、この協働事業は2003~05年の地球環境基金助成「企業・学校・NPOによる循環型産業構造をテーマにした環境学習支援プログラムの開発」から発展したもの。
[PR]
by kodomohoukago | 2015-04-10 10:25 | 参考情報 | Comments(0)

NPO法人まちなびやの活動を紹介しています。
by まちなびや
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

最新のトラックバック

venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな